2021年   コロナ禍の中

これからの世の中   ウィルスは

次々といろいろな型がでてくるので

自粛と解除の繰り返しでしょうが   平常心を失わずに  生の音楽を

守っていきたいと思っています。

 

世界中の芸術文化スポーツが

堂々と公開できる日が来るように願っています‍